五島美術館

友人が新聞の販促品で当たった入場券で五島美術館へ行った。
渋谷から東急線で二子玉川へ行く。
二子玉川駅のホームから多摩川の風景が広がる。
d0071446_20222427.jpg
東急大井町線に乗り換えて上野毛で下車、徒歩5分。
美術館入口。
d0071446_20203824.jpg
d0071446_20200978.jpg
阪急・小林一三と東急・五島慶太のコレクションの名品の数々の展示。

庭園
この地は多摩川が武蔵野台地を侵食して出来た「国分寺崖線」上に位置する傾斜地で、五島家より寄贈された当時の姿を出来るだけ変更せずに残している。
登り降りの高低差があるので、ハイヒール、草履等の散策はお薦めしかねます。の注意書きがある。
d0071446_20202494.jpg
春山荘
d0071446_20210907.jpg
瓢箪池

d0071446_20230913.jpg
赤門
d0071446_20213794.jpg
仏像、石灯籠、石柱、石塔等多数。
d0071446_20592103.jpg
上野毛駅近くまで戻ってお昼にした。

d0071446_20192992.jpg
d0071446_20191343.jpg
d0071446_20194377.jpg
d0071446_20185077.jpg
最近開店したようなお祝いのプランターがある。美味しい料理だった。
食後は隣の和服のリメーク店を覗いて電車に乗った。


[PR]
# by misaki-km | 2018-11-14 21:19 | 絵・展覧会・スケッチpicture | Trackback | Comments(0)

深大寺スケッチ

二日続きのスケッチに出かけた。
絵画教室のスケッチである。三鷹駅で12時集合と思い込んでいたが、出かける間際に確かめると、深大寺で集合とある!!
三鷹駅で、来ていた深大寺行の文字のバスに乗って・・・・どこで降りる?隣の席の人に聞いて「深大寺入口」で降り、歩いて行くと描きたいお蕎麦屋の古い建物や水車小屋等あった。
d0071446_15534848.jpg
恵比寿と大黒。
d0071446_15551323.jpg
山門に着いたのは30分遅れ。すでに皆様はスケッチ場所も決まって進んでいる。
山門は七五三用?金色の大きい桜の模様のこれは天幕?
d0071446_15532638.jpg
先生と3人のメンバーの横に座わろうとすると、覗き込んでいた外国人二人ずれが「邪魔して悪いね。」と譲ってくれる。
「どうぞ見てください。」と言うと「彼は絵描きで刺青師だから興味あるのですよ。」
と言う。「え~。何処の人?」「コロンビア人」色々な人に出会う。

皆様と反対側の、忘れた位昔に描いた位置に座った。
d0071446_15542980.jpg
さっきまで開いていた左の赤い傘を屋根修理らしい職人さんが梯子を掛けるため、閉じてしまった。
d0071446_15541350.jpg
先生に修正箇所を聞き、塗り直したり削ったり。と本当に我ながら良くなった。と思う。

横の方で人が大勢塊で来た。先頭に高田純次が歩いているTVの「純散歩」の収録らしい。
適当な方角にカメラを向けシャッターを押した。ボケボケだけど先頭が高田純次。
d0071446_15552647.jpg
ちゃんと撮ろうとカメラを向けると、最後尾のスタッフが「撮影不可」の紙を見せる。
一行は神社境内に入って行った。
帰り道大分歩いたところで又出会った。むこうから歩いて来た若い女性に声を掛けていた。随分長い間収録するものだ。

朝方雨が降り、今日はスケッチは無理だろうと思っていたが昨日に続いて描けて良かった。
もう少し紅葉が赤ければもっと良かったけど。


[PR]
# by misaki-km | 2018-11-13 20:36 | 絵・展覧会・スケッチpicture | Trackback | Comments(0)

旧前田邸

Rの会スケッチ。
目黒区立駒場公園へ行く。加賀藩の16代当主前田利為の邸宅がある。
井の頭線”駒場東大前”下車。(西口で出ると近いらしい)東大の構内を通って行く。
東大の紅葉には少し早い銀杏並木。
d0071446_23555409.jpg
お屋敷町を通る。
柚子。
d0071446_23563173.jpg
ハナミズキ

d0071446_23575027.jpg
正門では無い門は何門?
d0071446_23561727.jpg
それからすぐに「旧前田家本邸(和館)がある。国の重文で昭和5年竣工。
d0071446_00093144.jpg
長い間修復中であったが先月公開された。前田邸洋館
d0071446_00001929.jpg
前に来た時より前庭が広く、スケッチしやすい。
建物は複雑だし樹木は沢山だし中々進まない。あっという間にお昼の時間になった。
日当たりの良い裏庭の芝生の上でお昼ご飯に。と言ってもコンビニのお握り二つ。
次いで裏庭の眺めを早描きで。
d0071446_23565247.jpg

d0071446_00213804.jpg
写真がなければ、何だ?これは。と言われそう。

食後スケッチ場所に戻って仕上げた。
d0071446_23571960.jpg
無愛想な店主のカフェで季節限定の”ワインの香り”のコーヒーを頼んだ。
香りする?とこっそり話乍ら今月のスケッチを終えた。
d0071446_23573933.jpg

[PR]
# by misaki-km | 2018-11-13 00:34 | 絵・展覧会・スケッチpicture | Trackback | Comments(0)

山形県川西町-3

11月6日
朝食
d0071446_10533748.jpg
朝食後宿の隣のダリヤ園のパーキングから友人は下に見える池を、私は道路の向こうに見える何だか分からない丸い建物をスケッチ。時々陽が差す。
天気予報では午後から雨の場所が多いが、山形は雨雲から外れている。
それでも折りたたみ傘は絵の道具と一緒に入れた。
d0071446_23451770.jpg
d0071446_23452869.jpg
「時間よー。」と友人の声で大急ぎで部屋に戻り、荷物を持ってチェックアウトした。
町役場職員さんの車で最上川河原へ。随分と長い鉄橋が掛かっている。
d0071446_23434114.jpg
「一時間に一本の電車が通ります。」と説明を聞いた途端、電車が通りすぎた。カメラを構える暇もない。
職員さんが次の電車を調べてくれると「2時間に一本ですが、上りと下りがあります。」って事で
スケッチしながら待つ。

鉄橋の先に行ってみる。
下から見上げると迫力がある。が私の手には負えないナ。
d0071446_23401367.jpg
描きたい場所を探してやっと座った。暫くすると「トイレに行きませんか。」と声をかけられた。
車でコンビニまで行くそうだ。これを逃しては大変。お供する。
帰って来て彩色を始めると、「カッコー。カッコー。」と何回も聞こえるので電車の時間の10分前の合図でも??職員さんに聞くと「本物のカッコウですよ。昨日もずっと鳴いていましたよ。」との事。
上りと下りの派手な電車が通過した。
d0071446_23440447.jpg
d0071446_23441603.jpg
いくらも塗らない内にポチポチと雨が降り出した。
傘は役に立ったけど、描いてはいられないので終了となった。
d0071446_23444057.jpg
ランチに行く予定だった「森のマルシェ」へ早めに行って、買い物をした。
お薦めのボールペンも買った。4色とシャープもあるので太めだけど便利。
一本1.000円。何かのセールで200円引き中。しかしネットでみると700円で売っていた。書き心地はなめらかで良い。

ランチ
d0071446_23465309.jpg
この後、「フレンドリープラザ・スタジオ」へ行った。
(公会堂かな?)
d0071446_23454913.jpg
d0071446_07520283.jpg

作家の井上ひさしはこの町の生まれで、氏の二十万冊に及ぶ蔵書を寄贈された「遅筆堂文庫」と言う図書館を見学。
d0071446_00332859.jpg
d0071446_23461732.jpg
小松はアジアのアルカディだとこの地を絶賛したイザベラバードの碑がある。
何年か前に読んだ「日本奥地紀行」の翻訳者もこの町の出身だった。
d0071446_23390862.jpg
d0071446_23471414.jpg
ホール
マイク無しでも上の座席まで聞こえるそうだ。遺跡の円形劇場の様。
d0071446_23474211.jpg
楽屋
d0071446_00391637.jpg
楽屋で講評して頂いた。
絵は途中までの人もいたが、出来上がった人も。
d0071446_00393027.jpg
「羽前小松駅」はすぐ傍だった。副町長、町役場のお世話になった方々と記念写真に納まってから1両だけの列車に乗った。


[PR]
# by misaki-km | 2018-11-12 05:36 | 絵・展覧会・スケッチpicture | Trackback | Comments(0)

山形県川西町-2


11月5日
二人とも久し振りに目覚ましの音で起きた。
朝から目の前一杯の料理が並ぶ。そのボリュウムに驚きつつするりとお腹に納まった。
d0071446_00342971.jpg
出発は9時。それまでに宿の隣の「ダリヤ園」へ。
この町の特産品の一つのダリヤはブラジル・サンパウロと提携している。
このダリヤ園、昨日までの営業だった。その前日霜が降りて霜に当たると花が黒くなるそうだ。
最終日は入場者は花を摘み取って持ち帰れるそうだ。
d0071446_00344709.jpg
浴浴センターのお風呂の建物の早描き。
d0071446_00345861.jpg
9時から役場職員さんの車3台に分乗して東沢地区へ行った。
最初に西部地区の高台から町の全貌を眺めた。向かいの山々は霞んで見えない。
途中立ち枯れたトウモロコシ等の作物は何か植わって無いと補助金が出ないのだとか。
d0071446_00351297.jpg
d0071446_00362676.jpg
それから東沢地区活性化センター周り又は映画のロケ地になった古民家の好みの方をスケッチ。
d0071446_00372576.jpg
d0071446_00355394.jpg
d0071446_00353815.jpg
ランチは活性化センターまで戻り、地元の方々の手作りのこれまた凄いボリュームのお握り弁当を戴いた。
二個のお握りは一個づつ違う種類のお米を使って有り、自慢のお米だけあって美味しい。
その上丼に入った芋煮も付く。デザートのどら焼きも。
d0071446_00375362.jpg
d0071446_00370696.jpg
この建物のステージのバックは建物後ろの生の風景が見える。雪の季節にはこの風景も雪に覆われる
d0071446_00365502.jpg
豪雪地帯で冬は下の窓がすっぽりと隠れるほどおよそ2mの積雪だそうだ。
雪囲いは金沢兼六園の様に優雅では無い。質実剛健。板で頑丈に作らなければ重雪で植木が折れてしまうとか。
d0071446_10281997.jpg
午後も古民家を描いた。
残りの時間で描いた早描き。
d0071446_10352932.jpg
活性化センターで講評。
d0071446_10373055.jpg
夕ご飯は宿で。
d0071446_00381017.jpg
d0071446_00382247.jpg
d0071446_00383579.jpg
d0071446_10391609.jpg
d0071446_00385379.jpg
今回二泊三日の旅だが、これ以上長いと絶対に太る。
食事はたっぷりだし、10時には就寝。三日が限度なり。


[PR]
# by misaki-km | 2018-11-10 10:47 | 絵・展覧会・スケッチpicture | Trackback | Comments(0)

山形県川西町

2018「紅葉の風景を描く」山形県川西町「友の会スケッチ講座」に友人と参加した。
集合は11月4日12時40分羽前小松駅改札外。昼食は集合前にお済ませ下さいとの事。

新幹線”つばさ”で米沢駅まで行く。着くまでに駅弁で昼食を済ませた。
d0071446_23293455.jpg
米沢駅での乗り換え時間が4~5分しかない。どうする?と思っていたら、同じホームの先に在来線米坂線の車両が待っていた。
d0071446_23164781.jpg
この旅行、町役場とタイアップしているらしく町役場職員の出迎えでホテルへ向かう。
「川西町浴浴センター まどか」
窓の外は?と見るとコンクリートの床の2m位先が格子になって外が見えない。火事になったら逃げられない。不思議な作り。
d0071446_23172246.jpg
役場職員の車で「土礼味庵」と言う築300年だったかの古民家に案内された。
d0071446_00105381.jpg
まず、町長さんのご挨拶があった。
そしてお茶とここの名産の「紅大豆」の納豆に紅大豆黄な粉をかけたお茶うけを戴いた。
d0071446_00332622.jpg
最初のスケッチはこの辺りを描いた。書き終える頃ポチポチと雨が落ちてきたけど降り出すほどでは無かった。
寒いと思い冬支度で来たけど、そうでもない。
昨日までは寒くて霜も降りたそうだ。
先生の講評は丁寧で一人一人どう描けばより良くなるか的確で参考になる。
皆さんベテランばかり。
d0071446_23570397.jpg
油絵の人も。
d0071446_23170478.jpg
夕飯は駅近くの三枡屋へ。この辺りはメーンストリートだと思われるが人通りは無い。

d0071446_23213785.jpg
本物の熊の敷物を初めて見た気がする。
d0071446_23194155.jpg
食事には副町長さんと課長さんが同席して、町の説明とPRを。
三菱鉛筆はこの町の工場で殆どの製品を生産しているそうだ。
嘗ては多くいたが今は30.000人となった住人の内、1.500人が三菱鉛筆で働いているそうだ。
メモを取らなかったので数字が若干違っているかも。
その工場が鉛筆の需要が激変し、撤退しそうになったりしたそうだが今は色鉛筆や特殊な鉛筆、ボールペン等を精算。
”ジェットストリーム ボールペン”の宣伝も聞いた。
特産品と言うのか”紅大豆”お米の銘柄。お酒の銘柄。等々。

米沢牛の一人すき焼き。

d0071446_23180028.jpg
天麩羅蕎麦(天麩羅の大盛りは写し忘れ)蕎麦も普通は少量だけど結構な大盛り。
ご飯に具沢山のお味噌汁。自慢のお米も美味しいけど食べきれない。
d0071446_23561320.jpg
デザートは柿の胡桃のソース添え。

d0071446_00131350.jpg
宿に帰って温泉に入り一日目が終了。
この温泉は宿泊客だけでなく外部の人も大勢来る。日曜日のこの日は混んでいた。


[PR]
# by misaki-km | 2018-11-09 01:27 | 絵・展覧会・スケッチpicture | Trackback | Comments(0)

カール・ラーション展

友人に誘われて損保ジャパン日本興亜美術館の「カール・ラーション展」へ行った。
何十年も前に日本の写真家が写したカール・ラーションの家の本を持っていたので楽しみにしていた。
d0071446_23512939.jpg
カール・ラーションと妻のカーリンは昔ながらの伝統の残る家(リッラ・ヒュットネース)を手に入れ、二人のの理想の家へ改装していった。
その家と家族をモチーフにした作品がたくさんある。
そして、その暮らしぶりを描いた画集はスエーデンのインテリアに影響を与えている。
カーリンも画家であったが家族のため画家は断念したが、インテリアや家具、洋服、帽子のデザインなど多岐にわたる才能は素晴らしい。

カールの父を描いた素描は、色のついた紙に淡彩と鉛筆だけど髪の毛も皮膚も生き生きとしていた。
会場に「リッラ・ヒュットネース」の居間をイメージしたコーナーがある。
11月6日からはクリスマスバージョンに変わる。
d0071446_23522901.jpg
久し振りに新宿でランチ。
ずっと以前よく行ったタイ料理は無くなっていてその近くの中華屋さんに入った。
運んできた人の置いたまま写したら、ご飯が逆。量が多い。しかし美味しかった。
d0071446_00193591.jpg
午後は六本木国立新美術館へ。
家人が「ピエール・ボナール展」のチケットを貰ってきたのでついでに。
d0071446_23520794.jpg
入口入ってすぐに、写真撮影コーナーがある。
d0071446_23533354.jpg
動物が好きだったよう。
d0071446_23534747.jpg
日本も好きだったよう。日本美術を愛好していた。この絵はジャポニスムの影響だそうだ
d0071446_23532081.jpg
カール・ラーションをじっくりと見たので2か所目のボナールは休み休みとなってしまった。


[PR]
# by misaki-km | 2018-11-02 00:41 | 絵・展覧会・スケッチpicture | Trackback | Comments(0)

玉川上水緑道ウオーキング


友人と5人でウオーキングに出かけた。
中央線「国分寺駅」で西武多摩湖線に乗り換え一駅で「一橋学園駅」で下車。
d0071446_09211400.jpg
ここから平櫛田中館を目指す。何だかそこへ行く人に出会う。
途中に旧一橋大学。今は「小平国際キャンパス」「放送大学」と書いてある。
d0071446_09213513.jpg
おしゃれな住宅が続く。ハロウィン近くなのでお庭には・・・・。
d0071446_09241543.jpg
d0071446_09201205.jpg
d0071446_09180183.jpg
「平櫛田中彫刻美術館」に着くと大勢の人でごった返している。
明治150年記念「彫刻コトハジメ」の特別展示と、「津軽三味線」が中庭で生演奏される為だった。
d0071446_09181932.jpg
明治時代に誕生の美術、彫刻、の初公開も含む明治彫刻の展示。
六代目 尾上菊五郎の「鏡獅子」は製作過程も興味深い。(随分前に国立劇場のロビーで見た)

記念館は田中の旧住宅。入り組んだ間取りの平屋は、昔の武家屋敷の様に立派な作り。
玄関前にある彫刻材料のクスノキは樹齢500年で5.5トンとある。どうやって運んだのか聞き忘れた。
d0071446_09174428.jpg
美術館から100mも行かない内に緑道に行き当たる。
ご主人は美術館にでも行ったのか?けな気に待機中のワンコ。
d0071446_09204009.jpg
緑道に入る。玉川上水は崖下のような所を流れていて目を凝らさなくては見えない。
d0071446_09205622.jpg
美術館を丁寧に鑑賞したのでお昼になっていた。
食事場所のお店を見つけて声を掛けてみたが、誰も出て来ない。
d0071446_09222519.jpg
ドンドン先へ進む。お店は無い。「駅の側まで行けば何かある。」学生時代をこの辺りで過ごしたメンバーの言葉を信じて進む。
鎌倉橋?辺りで上水が見える。鴨のつがいと栄養満点の鯉が無数に見える。
d0071446_10041696.jpg
少し先の「たかの橋」は西武国分寺線の「鷹の台駅」傍に踏切がある。
d0071446_09202529.jpg
駅の傍なので「あったーー。」お蕎麦屋でランチ。1時半を過ぎていた。
あまりの空腹で写真はすっかり忘れた。

少し先で「カフェ」と書いた民家の写真を撮ったら、左端の窓があいて「写真を取らないで」
と怒鳴られた。
「え~~。お客商売なら宣伝になるのではないの?」この辺りは「オープンガーデンマップ」と言う地図を作って1~26までのお宅が公開している。
下の写真を仔細に見ても「店名」が見当たらない。何なんだ??
d0071446_09225359.jpg
今回の目的の一か所でもあるオープンガーデンの”森田さん”に到着。
d0071446_09192488.jpg
お庭のカモミールでいれた「カモミーリティ」(200円)を戴く。
d0071446_09230953.jpg
d0071446_09194228.jpg
このお庭も森田さんもTVや雑誌で有名なのだそうだ。
d0071446_10345123.jpg
d0071446_09233641.jpg
食べた果実の種から育ったグレープフルーツ。
d0071446_09185395.jpg
d0071446_09184022.jpg
1.000坪の土地を一人で管理する森田さんはやはり唯もんじゃない。
商売上手で気が付いたらなんやかやと買っていた。

計画では、この少し先の「こもれびの足湯」に行く筈だったが4時を過ぎていたので今回はここで終了。バスで立川駅へ行きJRで帰宅した。
今回はスケッチが出来なかったのが心残り、又違う季節に行きたい。

[PR]
# by misaki-km | 2018-10-30 10:49 | ウオーキング | Trackback | Comments(0)

新宿御苑スケッチ

秋晴れでしかも日曜日、絵画教室の新宿御苑スケッチに参加した。
先生もこんな筈では無かったと言われた位の人出だった。
どこもここも人だらけ。
池の傍にやっと人のいない場所に座れた。
後ろでは白いドレスのモデルの撮影をしている。
優雅なドレスの足元はスニーカー。向こうから走ってきて撮影。
d0071446_22080968.jpg
池に映る白いビルを描くらしい。
写真に撮ると、ビルが無い!!池の水には写っているけど・・・・。
d0071446_22015651.jpg
ネパールでもまっ白の雪山が映らなかったので、コツを教えてもらった。
d0071446_22033205.jpg
横構図です。と言われて描き始めたが、池の水が少ししか描く余地が無い。
縦書きで再挑戦して彩色を始めると、横に立っている人が英語で褒めてくれた。
どんな人?と見ると、見た事がある人。「見た事がある人ですね。」と言うと「私、カイヤ」
川崎麻世と離婚騒動の渦中のカイヤ。
連れは「私はブライヤン」(って言ったと思う。)これまた流暢な日本語の外国人男性。
「写真撮ってもいいですか?」と聞くと「勿論」
d0071446_22312361.jpg
ブライヤ?ブライヤン?どっちだった?が、あなたがカイヤと一緒に撮った方がいいよ。
と撮ってくれた。二人とも気さくで感じ良い人達だった。

d0071446_22543228.jpg
講評。もう少し作品があった気がする。
人様の作品と比べるといつも落ち込む。皆凄い。あ~~やだやだ。
d0071446_22395232.jpg
d0071446_22393327.jpg
世界堂のティールームで一息入れて解散した。


[PR]
# by misaki-km | 2018-10-21 23:02 | 絵・展覧会・スケッチpicture | Trackback | Comments(0)

軽井沢で見た植物


先日行った軽井沢でみた花と実。
最初にハマナス(ローズヒップ)の大きな実がまっ赤で綺麗。
d0071446_17373450.jpg
それから、大きな猫じゃらしのようだけど、まっ白で穂が20cmはある。「サラシナショウマ」だそうだ。
d0071446_17364088.jpg
一休みした東屋の横には春には白い花が咲くヤマボウシの実がびっしりと。
実が熟して落ちると食べられるとか。
d0071446_17381719.jpg
ススキってこんな色だった??
d0071446_18012528.jpg
何だった??この無数の実は。
d0071446_17395688.jpg
池の上にかかった橋から下を見ると水草の黄色の花。教えてもらったけど忘れた。
後日、再度おしえてもらった。「アサザ」と言い絶滅危惧種だそうだけど、湖面に沢山の花が咲いていた。
d0071446_17384268.jpg
トリカブトとマムシ草。共に毒草。
d0071446_17371892.jpg

d0071446_17380180.jpg
ふと、足元を見るとクローバーが・・・・。4種類も。
d0071446_18001605.jpg
d0071446_17584910.jpg
d0071446_17580596.jpg
d0071446_17392838.jpg
名前の判らない草や木、植物に詳しい友人から聞いたけど覚えられない。
いつもの事だけど、凝りもせず何度も教えてくれる友人は有難い。


[PR]
# by misaki-km | 2018-10-17 23:24 | ウオーキング | Trackback | Comments(0)